湯たんぽはファシー!低温やけど2回もやった私が言うんだからホント

ファシー湯たんぽ暮しの教科書

近頃エコで見直されている湯たんぽ。

でも、私はもうこりごり。

2回も低温やけどするなんて、相性悪すぎです。

ところが、ヨガのレッスンで必要になり20年ぶりに買ったのが、ファシーの湯たんぽ

使ってみると実によくできていて、携帯性はもとより、肌ざわりといい、お湯の伝わり具合といい、隔世の感があります。

しかも、足を温めるだけじゃない!

おひとり様の昼間の暖房、健康維持の温活、時には肩こり腹痛対策、防災グッズにも・・・

低温やけどの可能性もかなり低いとわかり、安心して昼も夜も抱えこんで、この冬はポッカポカ。

一気にお気に入りになったファシーの湯たんぽ、私の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

なぜファシーの湯たんぽ

湯たんぽの良さを、私はこんなところに感じてます。

  • じんわりとした湿度のある温かさ
  • 子どもの頃を思い出す懐かしい温かさ
  • シンプルで長持ち

でも、良いことばかりじゃないのは、経験済み。毛布でくるんだ中は、アツアツのお湯ですから。

赤ちゃん用でも低温やけど

コンロの上のブリキの湯たんぽ

私の最初の低温やけどは金属製の湯たんぽ、そして2度目は赤ちゃん用の湯たんぽでした。

プラスティックのカバーに覆われ、本体と布の間に空気の層ができる、そんな赤ちゃん用なのにです。

原因は、授乳中の寝落ち。我ながら情けないほど鈍いようで、2度とも皮膚移植を提案されたほどの重症でした。

真冬に赤ちゃんを抱えて、足を引きずりながらの病院通いはトラウマ。それ以来湯たんぽは使っていません。

ファシーの湯たんぽの特徴

「レッスン後のシャバーサナ(しかばねのポーズ)に、体を温める湯たんぽを用意して」と、ヨガの先生がおっしゃいます。

言われてみれば、そんな使い方も確かにできそう。

そこでリサーチを重ね購入したのが、ファシーの湯たんぽ。

なかなか特徴的な湯たんぽです。

  • 柔らかい樹脂製のボトル
  • 布で包む必要がない
  • 柔軟性がある
  • 軽い
  • 高温にならない
  • 約10時間かけてゆっくり温度が下がる
  • 裏表の温かさが違う
  • 水枕になる

使用説明を読んで、またびっくり。

熱湯は入れないで!

沸騰直後の熱湯は避けて、少し冷めてからボトルに入れてください。適温は人により異なりますが40℃~60℃程度が気持ちよい温かさです。

ファシー湯たんぽの使用方法 | ファシーの湯たんぽ (yutampo.jp)

最初から適温を入れるんだそうです。

湯たんぽは、普通熱湯を入れるものです。少しでも長く温かさが続くように。

なぜだろうと調べてみたら、この湯たんぽHPによると塩化ビニール樹脂製です。

塩化ビニール樹脂の耐熱温度は60~80℃熱湯を入れないのではなく、入れられないのだとわかりました。また、熱伝導率が低いので、適温(低めの温度)のお湯を入れても冷めにくい

だから、適温を入れても温かさが続くんです。

ファシーは、たくさんの種類があります。とはいえ、私の場合は可愛さ不要、実質本位で布カバーなしを選びました。

片面が凹凸加工してあり、表と裏で温かさを調節できるものを選びましたが、これは正解。

ファシー湯たんぽ裏側
ファシー湯たんぽ凹凸面

凹凸面(下)はヒダヒダの部分に空気の層ができるので、熱がマイルドに伝わります。また、体と程よい距離もできるので、低温やけど対策にも有効そう。

最初は凹凸面を使い、冷めてきたら裏返す。これで4~5時間は心地よくいられます。

他の湯たんぽと比較

うちにある湯たんぽは、「ファシー」「マルカ湯たんぽ」「白元アース レンジでゆたぽん」の3つ。

その他2つの湯たんぽの使い心地を比べました。

マルカ湯たんぽは、昔ながらのトタン製で、まさに私が低温やけどしたのと同じ。

もちろん夫専用です。

湯たんぽをコンロにかけてアツアツにして、バスタオルで包んで使っています。そうすることで長く温かさを保てますが、スタート時はちょっと熱すぎ。

中年夫は、机に向かうときに感度の鈍くなった足裏を乗せて使用しますから、これでいいようです。

体が温まり、部屋の暖房が必要ないと本人の弁。

レンジでゆたぽんは、以前湯たんぽ代わりにしようと購入しました。

温かいし、低温やけどの心配もありません。ただ、中の袋のゴワゴワ感、ガザガザという音、湯たんぽらしいほっこり感はありません。

湯たんぽのいろんな使い方

私が思うに、湯たんぽは「足を温める道具」、ファシーは「マルチな道具」です。

お湯を半分くらい入れ、中の空気を追い出して使いますが、そうすると体にフィットするのがゆえんでしょう。

私はこんな風に使っています。

  • 日中おひとり様用の暖房
  • 温活
  • 肩こり・腹痛対策
  • 防災グッズ

座るときに膝に乗せれば、体中じんわり温まってきて部屋の暖房は不要です。my湯たんぽを夫婦でそれぞれ抱えてると、灯油代の節約になりました。

布団の中では、足やお腹を温めます。

私が感動した使い方は、肩こりの温シップ替わり。ガチガチに固まって、明日こそ整体に行こう!という日にふと思いついたのですが、これが効果絶大。

首の下に敷いて、ソファーに寝転がってTVを小一時間見てる間に、ふわぁっと、肩周りの血液が流れだし、コリがほぐれました。

次男の急な腹痛の時も、「気持ちいい」と抱いているうち収まりました。

経験的に感じていましたが、体を温めることは良いことずくめ。

「冷え」は万病のもと~からだを温めると元気になる~

冷え性は病気というより、血液の循環が悪いために起こる諸症状です。しかし、不快な症状を引き起こすだけではなく、深刻な病気に繋がることも少なくありません。体温の低下が生じると体の全細胞臓器の代謝が悪くなります。心臓や血管系の働きが低下し、血液の流れが悪くなります。肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、息切れ、神経痛などの自覚症状が現れてきます。ほうっておくと心筋梗塞、脳梗塞、腫瘍などの病気に進んでしまうことがあるので、「冷え」を甘く見ないことです。

「冷え」は万病のもと~からだを温めると元気になる~/からだを温める食材/からだを冷やす食材/生姜湯 (minamitohoku.or.jp)

ファシーは手軽な温活にぴったりです。

また電源の要らない保温グッズとして、アウトドアでも活躍している様子。それなら防災グッズとして便利だろうと思います。

 まとめ

ファシーのお陰で、湯たんぽのイメージがすっかり変わりました。

温かさの具合が、猫を抱いている?ような癒される心地よさ。

おひとり様の暖房・温活・体の手当・癒し・防災・キャンプ・・・となんとも使える道具なんです。

おまけに、低温やけどから一番遠い湯たんぽだと感じます。

昔知っていたら、低温やけどなんてしなくて済んだでしょうに。

ずーっと、手元に置いておきたい道具です。