建築家と建てた家、ストレス&後悔が、じんわり満足に変わる時

家の玄関暮しの教科書

建築家に依頼して家を建てました。

選んだ建築家とは相性最悪

4年もかかり、どうにかこうにか完成した時には「もうこれで会わなくて済む」と思ったほど。

住み始めたころは、聞き入れられなかった要望が頭の中で渦巻いていて、「こんなのうちの家じゃない!」「どれもこれも大失敗だ!」とヤケになっていて・・・

それが、住んで5年経ち、「案外悪くない・・・」と。

私たちは、家に機能だけを求めていました。

収納が多く、使いやすい家を。

フレキシブルな空間が便利だと信じていました。それが、住み心地に繋がると信じて。

今はちょっと違います。家には、機能より優先することがありました。

この家、なんだか目に心地いいんです。それが心に沁み込んで・・・

経年劣化も、またいい味になっています。

ちょっと悔しいけれど、私たちの希望を押し通していたら、この住み心地は得られなかったでしょう

建築家が建てる家、やっとわかった醍醐味をお伝えします。

スポンサーリンク

建築家と相性最悪、ストレスフルな打ち合わせ

どういうわけか、建築家とは最初っから相性が最悪でした。

建築家、相性よりデザイン優先

「家を建てるなら建築家にお願いしたい!」それだけは決めていました。

ただ、建築家をどう選んでいいのか、全く知識がありません。

最初はネットで調べた、相談所のような所に飛びこみました。

紹介を受け面談、まさにお見合いです。

「決めた!」なんていう出会いもなく、踏ん切りがつかず、ちょっと急ぐ事情もありましたので、新宿にある

リビングデザインセンターOZONE で紹介してもらうことにしました。

家を建てるための情報が沢山あり、アドバイザーもいます。素人には心強い場所です。

半日かけて、ずらっと並んだ建築家ファイルを片っ端からめくり、選びました。こんなに大勢の中から選んだのですから、まずまず納得です。

アドバイザー
アドバイザー

性格の良し悪しは大切ですよ。この建築家を苦手と言う方もいましたが大丈夫ですか?

トキワ
トキワ

大事なのはデザインですから

今思えば大事な忠告でした。コミュニケーションに苦手意識がなかったので、ついスルーしてしまったこと悔やまれます。

ストレスフルな打ち合わせ

初めての打ち合わせの日、何枚も書いた要望書をまったく無視した設計図に面食らいました。

トキワ
トキワ

お風呂は2階にして欲しいと要望書に書いたのですが

建築家
建築家

こんなにたくさん書かれても何が大事か見えてこないし、覚えられない。

要望は1つか2つにしてくれないと困る

トキワ
トキワ

もう少し広くなりませんか?

建築家
建築家

お金かかりますよ。出せるんですか?

トキワ
トキワ

収納をもっと作ってほしいのですが・・

建築家
建築家

収納収納ってね・・

私が有名なシェフだとすると、奥さんが厨房にズカズカ入り込んできて、醤油を足せケチャップを足せって言ってるようなもんですよ

トキワ
トキワ

螺旋階段はあまり・・・・

建築家
建築家

こんな狭い家には、螺旋階段しか無理

トキワ
トキワ

どうですか、良い家になりそうですか?

建築家
建築家

奥さんが口出しさえしなかったらね

毎回こんな風に繰り返される、皮肉なやりとりと攻撃的な物言いに、ワナワナするばかり・・・

夫は「機嫌よく設計してもらわないといい家にならない。感情は抑えろ」と、私の膝を抑えますが、私はちゃんと要望を伝えたい。

夫婦の間にも齟齬が生じました。

完成したのは建築家の作品

「建築家には自分の作品を作ることにこだわる人がいる」という事を知ったのは、家が建ち上がった後のことでした。

芸術家肌の建築家なんて言葉もあるようです。

要望した家

おおらかな家。
あたかも別荘に住んでるかのようなイメージ、家と外が繋がる生活がしたい。
機能的(掃除・収納面)で融通が利く家。

できあがった家

作り込んだ茶室のような家。
惑枠やエアコン、照明等を隠蔽し、機能より見栄え重視。
机や棚はすべて作り付け。収納を希望したところは飾り棚。

やっと入居できた当時は、違和感だらけ。

「あれ、掃除できない!」「だから収納にして欲しいと言ったのに」そんな言葉を毎日ブツブツ・・・

螺旋階段には、何度も痛い思いをさせられました。

建築家の家、間取りじゃ見えない心地よさ

窓から見た梅もどき

それが、いつのころからか「案外悪くない」と。

なんだか落ち着くんです。どこに目をやっても心地いい。作りこまれた空間のなせる業でしょうか・・・・

無垢の木やぬり壁の質感、光の反射の具合も優しいんです。どうやら計算されているようで・・・

私たちは、『天井は高い方が良い、窓は大きい方が良い、空間は広い方が良い』という価値観でいました。

家には、機能と収納があればいいシンプルイズベストだと。

作り込んだ空間が、こんなに心地が良いものだとは知りませんでした。

間取りを図面で見ただけじゃ、この心地良さはわかりませんでした。

この心地よさは、暮らしやすさとはちょっと違うんです。何と言ったらいいのでしょう。もっと心に近い部分というか・・・・

ブラインドを下ろし照明をつけた夜に、いっそう感じます。

まとめ

「うちも建築家に頼めばよかった」わが家に遊びに来た友人が言います。

高級な家を建てているにも関わらず、一味違うわが家を見て後悔してる様子。確かにハウスメーカーの作る家と、何か違います

いろいろありましたが、今は建築家にお願いして良かったと思っています。

私たちの思いを超えた家になったから。

(ちなみにハウスメーカーの間取り図を見れば、私ほぼ家を想像できます。)

この空間は、間取り図では見えませんでした。

ハウスメーカーは、優しく要望を聞いてくれました。きっと要望通りの家を作ってくれたはず。でも、それじゃ感動はありません。

私たちの思いを超えたサプライズを提案してくれるのが、建築家だと思います

時が経つほど、味わいが増し、愛着がわいてきます。

金額面でも、決して高くはありませんでした。自分たちが払える金額まで、仕様を削ればいいんですから。いろんな手立てを講じてくれるのも建築家の仕事です。

とは言え、もし次があるなら、相性のいい建築家にお願いしたいものです・・・