毎日ご飯作るのは疲れる!でも地味なうちのご飯が一番ホッとする

テラスでハンバーガー外食料理の愉しみ

ご飯作りはそれほど嫌いじゃない。

というか、好きな方だと思う。

それでも、毎日のことだから、イヤになる日も結構多い。

息子が2週間ほど留守にした時、これ幸いと「ご飯作るのやめ!」にした。

ところが、いざそうしてみると「うちのご飯」が食べたくて・・・

結局、自分で作る地味なご飯が一番ホッとすると悟ったしだい。

それならせめて「自分が楽できるよう」、手間と時間を貯金することにした。

具体的には、まとめ作り・作ったものを味変させる・いろんな食材を冷凍する

これだけで、チャチャっとバランスよくご飯が完成。

お気に入りのこんな方法、紹介します。

スポンサーリンク

毎日のご飯を楽に、手間と時間の貯金

私が「ご飯作るのやめ!」たら、選択肢は限られる。

男子厨房に入らずの昭和の夫は外食嫌い。雰囲気を楽しむつもりもないらしく、ムスッと座りムスッと食べるから、連れて行くのも気疲れする。

弁当を買ってみれば「野菜が足りない」と不満がつのり、家にある非常食にいたっては「味が濃すぎ」て苦痛。

これを震災で食べるのかと思うと憂鬱な気分・・・

わかったことは、たまの豪華な外食は別として、毎日のご飯は「うちのがしみじみ美味しい」ということ。

作る量が少ないから面倒

コストコで買った肉類

息子たちがいればお米は1日5合、夫婦だけだと2合で余る。

コストコで肉の塊やチーズ類を大量に買い込んでも、ペロリと平らげる息子たちがいればこそ。

量が少ないと楽かと思いきや、かえって面倒になるんだから不思議。

「納豆でも食べとこうか」と。

作る量が少ないから効率を

このまま貧相なご飯になってしまうのは自然の摂理。

タンパク質取らないと老化が進んじゃう、野菜取らないと成人病になる・・・

いくら「うちのご飯がいい」と言っても、私の労力なくして食べられない。

少しでも楽したくて、いきついたのが先手仕事

先の事を考えて、時間のある時ついでの時に済ましておく、手間と時間を貯金する方法のこと。

以前、婦人之友という雑誌の集まりで教えてもらった。

聞いたときは、いつやっても、やることは同じだろうと思ったけれど、やってみると心に余裕が生まれる。

料理もまとめてやれば時短なんだと気が付いた。

料理に効率を求めるようになった。

毎回1から積み上げては崩すのは時間の無駄、次に繋がる一手を打っておこうと思うように。

乳幼児を育てている時、先手仕事の良さを特に実感。

いつ機嫌が悪くなるか熱が出るかわからない、そんな先の見えない日々でも、いつもちゃんとしたご飯を食べさせることができたから。

成長した息子の腹を満たすには、1㎏の肉でもまだ足りないという。

鍋をフルに使ってもその日暮らし貯金なんてすっかり忘れていたけど、今が出番かも。

毎日のご飯、効率優先この3つ

ご飯を先手仕事で作るコツはこの3つ。

  • まとめ作り
  • 作ったものを味変させる
  • 食材を冷凍しておく

まとめ作り

量が多くても少なくても手間はあまり変わらない。作るときには2~3回分まとめて作ってストックする。

例えば

炒めタマネギ・焼き豚・ゆで豚・パイの皮・パン・ピザ・から揚げ・常備菜

味変させる

シンプルな味付けの元になるものを、やはりまとめて作ってストックする。

そして、食事の度に味つけや合わせる食材を少しずつ変化させ、目新しい料理に変えていく。

すでに途中まで完成しているから完成も早い。

例えば

丸ごとかぼちゃを蒸して⇒甘煮・ サラダ・スープ・グラタン・ケーキ 違う料理に変える

野菜スープを大量に作り⇒牛乳を足す⇒カレー粉をたす⇒味噌をたす 味変させる

ラタトゥイユ⇒前菜 ⇒肉野菜の添え⇒オムレツの具⇒スープ 姿を変える

食材の冷凍

いろんな食材を冷凍しておけば、鍋に投入するだけで栄養のバランスが整う。

少ししか使わない薬味の冷凍も、料理の奥行きになる。

野菜は冷凍に向かないと思い込んでいたけれど、栄養を丸々閉じ込められるので積極的に利用するといいらしい。

冷凍の仕組み・方法については、ちょっとコツがいるので、こんな本を参考に。

『かんたん 節約 すぐできる おいしい!冷凍保存レシピ』
著者:鈴木徹 レシピ制作:宮本千夏 出版社:高橋書店 発売日:2010/2/6

地味で滋養がある毎日のご飯

手間と時間を貯金する良さは、なんといっても料理を最初からしなくていいこと

作ろうと思った時には、もう半分完成。もしくは、ほぼ完成しているものがある

例えばレトルトのカレーでも、料理の貯金があったら立派なうちのご飯が出来上がる。

残り野菜を軽く塩でもんだものが冷蔵庫にあれば、取り出すだけで1品プラス。

冷凍ネギと冷凍ショウガを乗せた冷奴を追加したら立派な献立に。

そして、らっきょうや福神漬けを添えたらパーフェクト!

それが全く料理の貯金がなかったら、サラダでも添えたいけれど、レタスを洗って、トマトやキュウリを切って・・・まあいいかって。

お金の貯金も大事だけど、料理の貯金も結構大事なんです。

毎日のことだから。

まとめ

手作りハンバーガー

自分で作ったご飯は、心も体もホッとする。

誰のためでもなく自分のために、楽してご飯を作っていたい。

そのために、先手仕事で手間と時間をせっせと貯金している。

具体的には、まとめ作り・作ったものを味変させる・いろいろな食材を冷凍するということで。

おひとり様のランチだって、こんな風に食べたいものをチャチャっと作れたら、なんだか嬉しいもんです。

ぜひお試しください。